本文へ移動

業務詳細

1、在宅医療に関する相談対応

〇患者や家族等(住民)からの相談窓口です。地域の在宅医療・介護連携を推進する窓口です。
〇特に医療・介護関係者からの在宅医療・介護連携に関する相談を支援します。
〇地域包括支援センターと連携し、支援します。

※メールでのお問い合わせはこちら

2、在宅かかりつけ医を紹介します。(峡南在宅ドクターネットの運用と周知)

峡南地区の在宅医療情報を提供し、在宅医療を受けやすい環境づくりの推進をします。
〇身近な在宅主治医を紹介します。
〇専門部門科の医師(協力医)を紹介します。

※ドクターネットの詳細はこちら

3、情報共有がしやすい環境づくりを推進します。(在宅患者情報共有システムの運営管理)

〇多職種連携・協働体制づくりとして、患者情報が共有しやすい環境づくりを推進します。
〇在宅患者情報共有システム(コメット)の活用を推進します。
在宅患者情報共有システム(コメット)の長所
・セキュリティ対策を強化し、情報漏えいを防止します。
・支援グループの情報交換や地域の多職種情報交換を推進します。
・支援グループ間で支援経過が確認でき、今後の活動につなげられます。

※コメット詳細はこちら

4、峡南地域の医療・介護の情報提供をします。

〇峡南地域の医療・介護の資源を把握し、マップを作成します。
・地域の医療機関、介護事業所等の住所、連絡先、機能等の情報収集
・医療・介護の資源のリスト又はマップの作成と活用

5、多職種連携・協働体制に向けた調整を進め、より良いサービスの提供に努めます。

〇多職種連携・協働体制の構築に向け、医療部門(医療機関や医療従事者等)、介護部門(地域包括支援センターや介護関係者等)、福祉部門(施設、介護関係者、町、福祉事務所等)、保健部門(町、保健所等)との連携推進に努めます。

6、医療・介護関係者の会議と研修を支援します。

〇峡南地域の医療・介護関係・福祉関係者の研修機会を提供します。
〇顔の見える地域での医療・介護連携会議(情報交換会)と研修会の支援をします。
〇在宅医療・介護連携に関する地域課題を抽出し、その対応策を検討します。

7、地域住民への在宅医療・介護の情報普及と啓発を推進します。

〇在宅医療の普及啓発を目的として、住民、関係機関、者を対象として実施します。
(民生委員、愛育会等の住民組織や町職員等の行政職員、管内・管外医療機関、訪問看護等の医療従事者、介護従事者等)
〇センターホームページの活用
医療・介護の資源のリスト又はマップの作成と活用

峡南在宅医療支援センター
〒409-3423
山梨県南巨摩郡身延町飯富

1628(飯富病院内2F)
TEL.0556-42-6177
FAX.0556-42-3533


・在宅医療全般の相談、調整

・在宅医療・介護連携推進事業
・認知症初期集中支援チーム


 
3
6
5
2
4
3
TOPへ戻る